SDGsと環境問題

New

SDGs(持続可能な開発目標)は2015年の国連サミットで採択された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指すための国際目標です。

掲げられた17のゴールのうち、多くが環境問題に関わっています。

例えば13「気候変動に具体的な対策を」では、過去の災害を教訓とし、災害に負けない強靭な社会構築を目指して各国と情報共有をしたり、取り組むべき事項を議論するなどしています。